恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

会食恐怖症を克服するための治療法とは・・・

会食恐怖症を克服するための治療法とは・・・

会食恐怖症とは、人と食事をしていると緊張して食べれない、吐き気がする、
喉が詰まってしまう、というように、人と食事をする際に極度に緊張してしまい
食事ができなくなってしまう恐怖症になります。

身体的な症状としては、吐き気がする、喉が詰まってしまう、お腹が痛くなる
気分が悪くなる、冷や汗をかく、手や足がふるえる、など様々な辛い症状があります。

そんな会食恐怖症の症状を改善することができる治療法を知っていますか?

当サイト管理人はその治療法で実際に恐怖症を改善することができました。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


会食恐怖症になってしまう原因とは?

会食恐怖症になってしまう状況は様々で、このような状況が苦手な場合が多いようです。

[check] 学校や会社での昼食の際に、一緒に食事をしている人が気になって、
  食事が思うように喉を通らなくなる。

[check] 自分が食べている時の、スプーンの音やのどが鳴る音などが、周りの人に
  不快感を与えていないか気になって食事が喉を通らない。

[check] 食事を「おいしそうに食べなくてはいけない」と考えすぎてしまい、逆に
  緊張して食べれなくなる。

[check] 初対面の人との食事が苦手で、緊張してしまい気分が悪くなる。

[check] 家族や親しい友人との食事は大丈夫だが、慣れるまでに時間が掛かる。

[check] 本当はみんなと食事をしたいのに、いざ食べる状況になると気分が悪くなり、
  食事をすることができない。

このように様々な状況で悩んでしまいます。


この会食恐怖症で悩んでいる人の多くは、主に次の2つの原因で悩んでいるようです。


ひとつは、「また気分が悪くなってしまうのではないか」「また食べれなかったらどうしよう」
「また食べる音が大きいと注意されたらどうしよう」というように、以前の失敗や
出来事を過敏に意識してしまうことで苦手意識が芽生えてしまい、その状況を避ける
ようになってしまうことです。


もうひとつは、「人に話しても理解してもらえない」ということがあげられます。

会食恐怖症もそうですが、恐怖症で悩んでいる人の多くは、家族や友人になかなか
理解してもらえずに、一人で抱え込んでしまい、その状況を避けてしまうことで、
どんどん苦手意識が強くなり、症状が悪化してしまうという特徴があります。


この両方に共通していることは、苦手意識が強くなることで、その状況を避ける
ようになるということです。

この避けるという行動により、一時的に気は楽になりますが、それを続けていると
体がその状況を避けることが正しいと判断してしまい、ますます、苦手意識が強くなり
症状は悪化してしまいます。


このように会食恐怖症になってしまう原因は様々で、性格的なもの、家庭環境や今までの
経験が原因となっており、生まれ持ったものではないので、正しい知識と正しい治療
をすることで克服することができます。

まずは、避けることよりも、積極的に食事に参加することが重要です。

ただし、注意しないといけないのは、少しずつ改善していくということです。

急いで改善しようとしてしまうと、さらに症状を悪化させてしまう原因にもなるので
徐々に慣らしていくようにしましょう。

強い意志があれば、かならず克服することができます。

当サイト管理人の恐怖症克服体験談

もし、あなたの会食恐怖症が自宅で薬も使わずに、
短期間で改善できるとしたら?

すでに4,627人が実践して、90%以上が改善した治療テクニックを
知りたくないですか?

私もこの治療法で長年苦しんだ恐怖症が改善できました。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


知っておきたい恐怖症の基礎知識

  • 恐怖症の原因【3つの要因】
    まずは恐怖症になってしまう原因を知ることで、自分がどの要因でなったのかを知っておこう!

  • 恐怖症の悪循環とは
    恐怖症がどんどん重症化していくのは、【間違った学習】による【心のとらわれ】が原因と・・・

  • 認知行動療法
    認知行動療法で恐怖症に負けない心を鍛えよう!恐怖症への対処法を知ることで冷静な・・・

  • 薬物療法
    薬物療法で知っておかないといけないのは、薬を服用しても効果が表れるまでに少し時間が・・・

関連記事

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional